ブログ戦記vol.22 いいから書け

  • URLをコピーしました!

今日は朝からやる気が出ません。

いかも、この後は出かける予定で、「ブログを書く時間がないなー」って思いながら書いている!

「話題がないなー」けど書いている!!

きっと理由をあげたらキリがない。

けど、書いている!

「毎日書くとか意味あるの?」

「こんな日記みたいなブログ意味あんの?」

「誰かの役に立たない記事書いて意味あんの?」

&%%$%$&&#&%!!!!(感情が言葉にならない!!)

書いている!!

意味や理由を探し始めても、懸命に動機を見つけようとしても、明確な答えなんてありゃしない。

できることは

「書くこと」

意味の有無?知らんがな。

これが努力や積み重ねになってるのか?

知らんがな。

ぱんにゃ
ぱんにゃ

彼岸花?

うるさい。知らんがな。

おはよう。ぱんにゃ

ぱんにゃ
ぱんにゃ

お。おはよう…

多分「やる」という選択肢以外ない。

そして、ここ数日二つほど思ったことがある。

一つは、努力はティッシュみたいなもので。

一枚一枚は薄いけど、積み重ねればティッシュになる。そんな感じな気がして。

もう一つは、広さより深さを求めようと。

ついつい好奇心故に、色々なものに手を出してしまうのだけど、それだといつまで経っても、そのものや事の真意を掴むことなく、さらっと流れてしまう。

「心から追求できるもの」

そんなものはない。

と、いうより、もう目の前にあるのでは?

目の前のmacbook airでも、iPhoneでも、本でもコーヒーでも。かけているメガネでも。

それを深く知るきっかけは、すぐそこにあるような気がする。

懸命に探し回っても多分ない。

ちなみに、自分は器用貧乏なくせに、加えて飽きやすい。

飽きやすいが故の器用貧乏なのか。

いずれにせよ、深掘りする機能を持ち合わせていないらしい。標準装備では。

けど、ようやく最近になってオプション機能で搭載できそうな気がしている。

いや、ブログを始めたことによって、「深掘り」の必要性を感じ始めている。

ブログを通じて誰かに説明しようと思っても、知識が浅ければ薄い内容の記事を書かざるを得ない。

上には上がいるとしても、自分の興味のあることを「深掘りする」

「深掘りする」ということは、どういうことか。

「捨てる」

ということだと思う。

ここできました「断捨離」

さっきも言った通り、好奇心に任せて色々手を出すのが悪い。とは言わない。

好奇心自体は重要だと思うし、ブログも好奇心。深掘りも好奇心なのだけど。

どこかのタイミングで「選ぶ」必要があると思う。

「選ぶ」すなわち「選ばない」=捨てる

平行線のまま進み続けた道を、どこかで「選ぶ」

均衡してきた気持ちや思考をどこかで「捨てる」

右か左に曲がろうと思い続けて、曲がれずに、ただまっすぐ進んできたドライブ。

それを勇気を振り絞ってハンドルを切る。

選ぶ。選ばない。捨てる。

選ぶことで、失うものも多々ある。

右に曲がっては見たものの、まっすぐと左の景色も綺麗だな。見たかったな。そう思う。

もしかしたら、まっすぐと左の方が得だったかも。はたまた、道を戻った方がいい??

そうなったら、もはや泥沼。

抜け出すのが難しくなってしまう。

ぱんにゃ
ぱんにゃ

「時間ない」とか言いながらめっちゃ書くじゃん。

確かに。

つまりそれは「ある」「あった」ということで。

走り出してしまえばいいのさ。

めんどくさいのは「初動」

車だって、止まった状態から動く時が一番動力がいる。

人間も同じようなものなのだろう。もはや量子力学的にそうなのかもしれないし。

だから、「だるいな」「今日はどうしようかな」と思っても、ひとまずパソコンの前に座って、ワードプレスを開いて、1分でも、30秒でも書き出してみる。

それでもダメなら諦めよう。そんな日もあるでしょ。

し、たかが2ヶ月でも、そんな日もたくさんあった。

きっとこの後も、こんな展開が腐る程あるのだろ。

深く考えず、目の前のできることをとりあえずやってみる。

ブログに飽きたら、椅子に座って夢でも見たり、大した効果がなくてもロードマップでも作ってみたらいい。

そんなわけで。

なんとなくロードマップとか作って見たいから、この後やろっと。

ぱんにゃ
ぱんにゃ

それ好奇心に任せてないか?

「・・・・」

いいんだよ。最後は

「空」

何でもいいのさ!!

ぱんにゃ
ぱんにゃ

テキトーすぎるだろ!お前!

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次