ブログ戦記vol.27 こだわりという足枷

  • URLをコピーしました!

昨日はCanvaで作ったアイキャッチ画像を再編集しようとしたができなかった。

うんともすんとも行かないまま眠りに入ったが、数時間で起きてしまい、また色々と考えてしまった。

以前ほど思い悩むことは無くなったけど、不安はいつだって付きまとう。

そんな話はさておき。

「せっかく作ったアイキャッチ画像が再編集できない」

という課題に対してのアプローチ方法は2つ。

一つは、何回も作り直す。

もう一つは使い回す

そもそも「なぜ、再編集する必要があるのか」

それは、アイキャッチ画像の中に、題名を入れたいから。

例えば、このブログ戦記であれば「vol.〇〇 〇〇〇〇」って感じで、一つ一つ文字を変えていこうと思っていた。

しかし、それが現時点で編集できずにいて、ネット上にも解決方法が記載されていない。

題名を変えてしまったのが原因なのか分からないけど、それくらいしか思い浮かばない。

それか無料会員だからとか?

けど、書くのは毎日毎日ブログ戦記なわけで、「アイキャッチに題名を入れる」というこだわりを捨て去ってしまえば、その画像をいくらでも使い回せばいい。

個人的に題名を入れた方がしっくり来るけど、そもそもそんなもの誰も見ていない可能性も十分あるし、出来ないまま悩み続けるのは得策ではない。

そもそも初心者なわけで、文章を書く。という行為以外は全くの素人。

画像作成、編集なんてのは苦手なわけで、そこに変な「こだわり」を持って、それが故に事が進まないなんて本末転倒なわけです。

改善するべき課題だけど、「今」じゃなくていい。

なんとなく野球に例えると。(なぜ野球?)

例えば、素人でも「ストライクゾーンに投げる」ことは出来るかもしれない。練習すれば。

けど、「内角低めに投げてください」と言われたら到底無理で。

加えて「変化球で内角低めに投げてください」って言われたら、無理ゲー中の無理ゲーになってしまう。

自分がやろうとしていたことは「内角低めにストレートを投げる」という行為に近い。

初心者がそんなことできるわけない。

「とりあえずストライクゾーンに投げる」っていうのを目標にするくらいがちょうどいい。

ほとんどがボールだとしても、何球かに1回、審判が首を捻るくらいのストライクゾーン入ればいい。

何回か投げながら、そのストライクの回数を増やしていく。

そして、最終的には「狙って」投げるようにする。

そういう段階なのだろう。

自分の力を見誤ってはいけない。

ブログはじめ、退職して以降「初めて」のことばかりだ。

よく分からないまま開業してみたり、配送業にチャレンジしてようと企んだり、それに伴いクラウドソフトの導入が必要だったり、簿記の知識が必要だったり、そんなことは税理士さんにお願いした方が早いと思ってみたり。

四方八方分からないことばかり。

毎日パソコンで商品を発注して、レジを打っていた時がもはや懐かしいが、あの頃に戻りたくない。

戻った方が間違いないく楽。

けど、多分それに負けて、元来た道を戻れば、同じ結果が待ち受けているのは想像がつく。

なぜなら、自分が身をもって同じ過ちを繰り返してきたから。

自分のバカさを振り返ると、本当に目も当てられない。

今も大して変わりはしないけど、少なくもとも以前より「マシ」でいたいと思ってはいる。

そんなことを思いながら、もう一記事書きたい。

何にもならないが「書きたい」と思えるなら、書くのが一番。だから書きます。

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次