ブログ戦記2nd vol.37 なんでブログ書いてんだ

  • URLをコピーしました!

ある種の依存先のように始めたのか。

純粋に書くことが好きで始めたのか。

はたまた、「お金になりそう」という気持ちで始めたのか。

そのどれもが混在しているのか。

 

心の声をよくよく聞いたこともないけど、やる事や続けることに、もはや理由はないのかもしれない。

すでに習慣のようにブログを書こうとする自分もいるし、寝る前や、ふと何か時間があるときに、「ブログ」が頭に浮かんで、パソコンがなくても、パソコンがあるように考えている時もある。

格好つけて「切っても切り離せない」なんて言えるほど、長くも続いていないし。

特別な目的はないけど、まだ出始めな上に、よくわからないまま「先は長いなぁ」なんて思っている。

 

特に目的がないなら、「やる意味もない」と思う自分も薄らとはいるが、「やめる」という選択肢にはならない。

何か、可能性というか、一種の修行のように思っている自分もいる。

 

まずは、「ブログを続ける」という事だけでも、難しいことのように思う。

それは、すでに経験積みで、1ヶ月以内に辞めたブログが、過去に何度あるだろう。数えきれない。

 

それと、「収益化」を目的にすると「結果が出ない」という現実に向き合うことになる。

ブログの本などに「月収◯百万」「年収◯千万」という謳い文句が書いてあるが、それはあくまでも一部の人の結果であって、「収益化」に執着すると、ほとんどの人が挫折するのではないかと思っている。

それは、前述した通り「結果が出ない」という現実を目の当たりにしなければいけないから。

 

「初心者でも収益化できます!」というのも、謳い文句だ。

「長い目で見れば」「続けていれば」というのは前提に含まれていない。

残念ながら、飼い主に「待て」と言われて、食事を待っていても、食事を与えられることはない。

「いつまで待っていればいいんだろう」という葛藤の中、ほとんどの犬は諦めてその場を去るだろう。

 

けど、餌が出てくることには最初から期待しておらず、ただ「ここに座るのが好き」って犬が、そこに座り続けていた結果、いつの日か飼い主が寄ってきて餌をくれた。

という流れの方が近いような気がする。

 

待て。これを上から見てみよう。

横一列に並んだ犬が、各自、可愛い動きをしたり、大きく吠えたり、クルクル回ったり、飼い主に餌をくれとアピールをしている。

ブログの「収益化」も。そんな犬ならぬ、ラットレースの縮図だとしたら、そのレースからは直ちに降りた方がいいのではないかとも思ってしまう。

もちろん、相手に気に入られればご褒美はもらえる訳だから、やる価値はある。

 

あぁ。自分はどちらかと言うと猫タイプだったのか。目。細いし無愛想だし。確かにそうかもしれない。

猫ほど可愛ければ苦労しないのだが。

 

え?なんの話をしているのだろう。

何が言いたいかと言うと、「どういうスタンスで」ブログをやろうかなってこと。

どの形にも、きっと「間違い」はない。

 

趣味や日記の範囲で書くのも、必死に収益化を目指すのも、自分をアピールするのも、どの形にも間違いはない。

けど、反対に、「成功」の形はある程度定まっているようだ。

 

それは、詰まるところ「集客できるか否か」

人の役に立つ知識や情報だったり、楽しませる事や、納得させたり?

形は違えど、ブログの世界では、いや全部そうか。

「集客」=「成功」

という事だ。

 

何も、ブログに限ったことではなかった。大きな話をすれば、それが資本主義ってやつなのか。

難しいことはわからない。

 

こうして、ブログを書く理由について少し考えてみても、答えは相変わらずハッキリしない。

けど、こうしてウダウダ続けること自体にも多少の意味はありそうだし、何より続けていない限り、ここから道が開けることもないのだろう。と。

 

真面目か。

 

数ヶ月で結果や充実を感じられるほど簡単なら、世界中の人がやっている。

おやおや。ここに来て集中力が切れてしまったらしい。

 

これ以上は、逆にメンタルに悪影響なので、この辺りにしておこう。

それでは、また。(誰に言ってんだこれ)

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次