ブログ戦記2nd vol.38 モチベーション低い

  • URLをコピーしました!

かれこれ4ヶ月経っただろうか。

「本格的に?」ブログを始めてからは4ヶ月くらいかな。

これまで継続の出来なかった歴史を振り返えったとしても、1年に到達するか否かって

 

その「本格的」が、一体に何を指しているかも分からないし、何やら必死にストイックにブログに取り組んでいる訳でもない。

最初の3ヶ月は、本を読んだりと、何やら「らしい」ことはしてきたのだけど、今はその時の半分も稼働していない。

 

しかし、どうやらこの世界は。

って、言えるほど知らんけど「とりあえずでも、やった者勝ち」らしい。

 

宝くじ理論じゃないけど「買ったから」当たる。

「買わない限り」は当たらない。

 

買う方が圧倒的に無駄なのだが、可能性が絶対的な「0」か「0.00000000001くらい?」の確率なのかの話であって。

宝くじだと極めて低い確率だけど、ブログや他のことならもう少し確率は高いかもしれない。

 

「あれ、なんの確率だ?」

成功?高収入?不労所得?人気?全部?

 

目的が「辞めないこと」だから、この目的は常に保たれている。

そう考えると、「いつまで」という期限は儲けた方がいい気がしている。

じゃあ、キリよく「40歳まで続ける」ってことにしておこう。これであと3年は辞められない。

 

目的が達成されてしまったらダメだから「40歳までは辞めない」という目的を設定して、「目標」を立てる。

目標も「辞めない」しか頭に浮かんでこないが、こうしてダラダラと書き続ければ、ブログ戦記もvol.100くらいまでは軽く行くだろうから、それをひとまず目指してみよう。

 

目標地点に向かうスピードは、ウサギとカメの通りで、個人差がある。

あれは、積み重ねることの大事わを説いた話だと思われるが、世の中には「サボらないウサギもいる。

だとするなら、自分のように、サボるし悩むし、すぐに疲れるカメは、この先の目標も程遠い。

 

しかし、朗報だ。

「続けさえすれば」「諦めなければ」

一応、目的地に辿り着く。

ちなみにだけど、この後に及んで「諦めなければ!(キラキラ)」みたいな感情はない。

 

どちらかと言えば、それこそ「ゾンビ」だ。

自分を揶揄する言葉で、ブログを何度やめても、すぐに復活するから「ブログゾンビ」と自称していたけど、歩くスピードもゾンビ。

幸いにも「足を失っていない系」のゾンビ。

歩くことができるだけでもありがたい。

 

モチベーションは、まさに「死ぬほど」違うか、「もう死んでいるほど」低い。

「お前はもう、死んでいる」

 

ゾンビに言ったら、多分そっと頷く。

 

極端な話、一日一文字でも書けばいい。

「お久しぶりです」でも「やる気ないです」でも「どうも、みなさんこんにちは」でも

何かしら書けば、そのブログは「進む」

 

それでパソコンを閉じても大丈夫だ。

罪悪感なんて感じてはいけない。

一ミリでも、一ミクロンでも、「進んだ」

とにかく今は、それで良くないかい。

 

歩ける時に歩いて、走れる時に走って、ゾンビ期間はゾンビでいいじゃない。

近くのベンチに腰掛けても、地面にのめり込もうと。

また、立ち上がって、あの辺りを目指してみたらいい。

 

そしたら、改めて、この旅を終わるのか、続けることを考えたらいい。

そう。

 

そう言い聞かせて、この記事は終わる。

それでは、また。

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次