ブログ戦記2nd vol.39 アドセンスがなんだってんだ

  • URLをコピーしました!

「収益化」の始まりと言えば「アドセンス」

これに異論はないし、ブログの本にも「アドセンスやりましょう」って、間違いなく書いてある。

 

だから「収益化」するには「アドセンス」は切っても切り離せない関係にあるはず。

今回2回ほど試してみたが、残念な結果になってしまった。

自分の中で考えられる理由が2つあって、一つは「ゲーム(PS5)」についてのブログを進めていて、そこにゲームの画像を載せていたので、これがプライバシー違反だったのではないかと思っている。

なので、その記事を全て消してから、改めて申し込んだけど、ダメだった。

 

もう一つの理由は、「そもそも閲覧数が少ない」という、絶対的な問題。

そもそも「広告」なわけだらか、閲覧数の多いサイトに載せた方がいいに決まっている。

我が家のトイレに「求人募集」って貼っても、なんの効果にもならない。そんな感じだ。

 

「閲覧数は関係ない」と言われてしまえば元も子もないのだけど、アドセンスばかりを気にして、「自分の思うようにブログが書けない」

のだとしたら、それも考えものだと思っている。

というか、ブログを始めてこの方。

「自由」と「収益化」は、どうやら反比例の関係にあるようだと感じている。

好き勝手書けば、それはストレス発散にもなるし、自己満で楽しい。

しかし、「収益化」をしようとすると、途端に何かの枠の中に収まらないといけなくなる。

 

水をこぼしたら、ビシャーーーってなるけど。

コップに入れればその形になる。

なんか、そんな感じだ。

 

飲む人=お客さん

だとしたら、わざわざ地面をペロペロとはしてくれないだろうし、当然コップに入っている方が安全で飲みやすいに決まっている。

そこまで極端ではないにしても、「自由にやる」ってのは、そういう事なのかもしれない。

 

だから、自分が「収益化」できるのはずっと先なのかもしれないし、ずっとないかもしれない。

けどけど。

やっぱりそれが「ブログを辞める」っていう理由にはならないことが、自分の中で救いだと思っている。

なぜかというと、それはつまり、自分はブログが「好き」ってことなのだと思うから。

 

「好きなことを仕事にしない方がいい」

 

そんな言葉をどこかで聞いたことがあるけど、その意味がわからなくもないが、それを語れるような境地に達したことはない。

しかし先日、息子が通っているサッカーのクラブチームに迎えに行った時のこと。

担当のコーチは、名前は存じ上げなかったけど、J1でも活躍したコーチで、そのコーチが子供達に向かって。

「サッカーは楽しいですか?コーチはプロサッカー選手でしたが、プロ選手を辞めてからサッカーが楽しくなりました」

と話していたのを聞いて、なんとなく感慨に耽ってしまった。

 

サッカーが好きで始めて、夢にまでみたプロになったのに、皮肉なことに、引退してからサッカーが好きになる。

付け加えるなら「より好きになった」ということなのだと思うけど。

 

でも、それは漫画家さんとか、歌手の方とか。みんなそうなんだろうな。

いわゆる、夢を追う。夢を叶える。っていうのは、そういう事なのかもしれない。

 

あれ、なんの話だったっけ?

あ。アドセンスか。

ほらね。「自由でしょ?」笑

 

コップに注がないと、いろんなところに飛び散ってしまう。

だからコップは必要だけど。

 

それは別に、水が「そうしてくれ」と頼んだ訳ではない。

水はいつだって自由を求めているけど、どんな形にも変わることができる。

変化自在。

 

そんな「水」に俺はなりたい。(アホなんか?)

 

満足したので終わりです。

それでは、また。

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次