ブログ戦記2nd vol.42 隣の芝は青い

  • URLをコピーしました!

今日も日記に逃げている。

書いている途中の、書籍紹介がうまくできないと言うより、なんとなく面倒で取り組めていない。

これも違和感があって、「使命感」とか「しなければならない」というような観念に駆られると、前向きに取り組めない自分がいる。

これは=稼げない

と言った方がいいのだが、もはや「稼ぐ」というフレーズも、ここにきて、いよいよ希薄になっている。

 

そんな事はさておき。

無職からいよいよ脱却して、軽貨物の配送業をしようと思っているのだけど、軽配送のユーチューバーが非常に多いことを知った。

確かに働いている時は一人だし、その時間で撮影をして、帰って編集をして。

と、いうのは理にかなっているし、需要も多いだと思う。

 

よし。

「ならば、やらない手はない。初日からユーチューバーデビューだ!!」

って、なりたかったんだけど、ここで天邪鬼っぷりが発揮されてしまった。

 

顔を出す勇気もないし。

でもきっと、こうやって文字で説明するよりも、動画の方がはるかに分かりやすいし、愛着も湧く。

芸能人とまではいかないまでも、多かれ少なかれ、「影響力」を持つ可能性もある。

 

「配送業のユーチューバー同士でコラボ!」なんて、無関係の人からしたら、この上なく興味のないコラボのなのだが、軽配送をしているニッチな人からしたら、面白い企画だ。

そして、それが少し羨ましくもある。

仕事を通じて、仲間を得て、その界隈で盛り上がっていく。

お互いの経験や苦労を共有していくのだから、「自己成長」という観点からしても、仲間やライバルの存在は良い刺激になるに決まっている。

 

なのに、「やろう!」って、心からならない自分がいるのは何故だろう。

根っからの天邪鬼気質だからなのか、素直さが足りないからなのか、変なプライドを持ち合わせているのか。

自分でも分からないけど、いつだって遠くから眺めていることが多い。

 

残念ながら、大人の世界では自分から声をかけないと話が始まらないらしい。

小学校のように、遠くから眺めていて、優しい誰かが「こっちにおいでよ!」とは言ってくれなし、そんな先生もいない。

だから、「仲間に入れて!」っていう勇気が必要なのです。

 

それとは別に、単純に「ブログ」の時間を割いてまで、YouTubeをやるべきなのだろうか。

転職活動の時に、気休めでやりまくった性格診断では、「好奇心がある故に’’終わらせる’’というクセがついていない」と、この上なく的を得た回答に、思わずスクショした。

だからと言って、「頑なにブログをやれ」ということでもない。

YouTubeの方が楽しく、何かしらも目的が達成されるのであれば、移行するのもいいし、誰かがそれを強制するわけでもない。

やるのは自分。決定は自由だ。

 

しかし、以前、松下幸之助さんの著書の中で紹介した「トドメをさす」という言葉を思い出した。

「トドメをさす」ことの重要性。

「終わらせる」ことの必要性。

 

だとするなら、このブログは少し発進しただけで、終点には程遠い。

「じゃあ、平行にやろう」

も、結局どっちつかずになるに違いない。

 

「隣の芝は青い」

とても青い。羨ましい。

加えてバーベキューなんかしていたら、「混ぜてくれ!!」って言いたくなるに決まっている。

 

でも、実際はどうだろうか。

バーベキューをしている側から見たら、「あっちは静かそうでいいな」「穏やかでいいな」って思うのかもしれない。

 

ブロガーからしたら、YouTuberが稼いでいるように見えて。

YouTuberからしたら、ブロガーが稼いでいるように見えるのかもしれない。

けど、そんな、きのこの山か、たけのこの里問題のような事を悩んでいたところで、いったい何になるのだろう。

 

だから、隣の芝はすこぶる青いし、陰ながら参考にして応援しながら、自分の道を進むしかないのだろう。

右を見れば流されて、左を見ては流されて。

下を向けば安心し、上を向けば絶望する。

 

自分の目の前にある道を、ただただ進むしかない。

環境問題やら、紛争やら、貧困を嘆いたところで。

できることは、目の前のゴミを捨てる、人の悪口を言わない、食べ物を粗末にしない。とか。

そんな事でしょ。

 

先は長い。先は見えない。分からない。

けど、歩ける足があることに感謝して、ありがたく進むしかない。

足があるなら、戻ったっていいのだろう。

 

早かれ遅かれ、進むことも戻ることも出来ない日が必ず来るのだから。

その時までは好き勝手やったらいいんだと。

そう言い聞かせながら、今日も隣のバーベキューを遠くから眺める。

 

それでは、また。

 

ぱんにゃ

完全に格好つけてるな。これ

中の人

あとで見て、自分で恥ずかしくなるのに、なぜかやるよね。
こういうの。

 

だまらっしゃい!笑

それでは、また!

 

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次