ブログ戦記vol.8 ブログゾンビの生い立ち。

  • URLをコピーしました!

ブログを辞めたいと思うほどでなくても、純粋にやる気が出ない時もある。

まさに今がそうなのだけど、そんなやる気のなさもブログに出来る。なんて素晴らしい媒体だ。

続けていく。と決めているけど、心のどこかでは、いつも隙を狙って辞める理由をさがし、それを仕留めようとするスナイパーのような奴がいる。

どこにいるかは分からないが、暗闇に紛れ。時には森の中に隠れ、辞める理由を見つけ、弱まったところを仕留めてくる、強かなやつだ。

今のところ警戒しているためか、やつは攻撃してこない。一瞬でも隙を見せれば、容赦なく撃ってくる。

が、しかし。お前が撃ってくる弾は、これまでの経験で大体把握している。

一つはこれ。

「自分のブログなんて誰も見てない。」弾。

そうやって自己嫌悪に陥ったところを撃ってくるつもりだろ。

残念ながら、それはもう知っている。誰かが「見てる」「見てない」は、ブログを続けていく。と言う目標とは関係ない。

それは「収益化」を目的とした時に撃たれた。あの時はよくもやってくれたな。

月日は流れ、再び墓から出て歩き始める。そして来た。

「自分にはセンスや才能がない」弾。

これも続けていく。という目的には関係ない。誰かに自分をよく見せようとしたり、大きく見せようとして、さらに他の人と比べているせいだ。

あの時もやってくれたな。キレイに撃ち抜きやがって。

月日は流れ。再び歩く。そして間もなくして。

「時間がない。結果が出ない」弾。

別に誰からも強制されてやしないのに、「時間がない?」どんだけお前は働き続けているんだ。飯も食ってない、睡眠もしてないのか?

結果が出ない?そもそも、その「結果」って何を指しているんだ?PV数?収益?

気づいた時には、もう墓場だった。

そして俺は誓った。

「もう、この墓場からは出ない」

そして今。静かに。そーーーっと、そーーーっと。墓から出ている。ほふく前身でゆっくり。

とりあえず道の真ん中を歩くのはやめよう。壁ギリギリを攻める。

目的は続けることだ。余計な期待をしてはいけない。

疲れたらその場で休んでよし。進みたくなければ進まない。それでいい。

「目的地にたどり着く勇気がないんだ」

「目的なく進むのが嫌なんだ」

わかる。わかるぞ。その弾も昔食らったことがある気がする。もう死に過ぎて覚えていないけど。

目的なんて必要ない。ただ、目の前にある道を、休みながらひたすらに進めばいいだけ。何も難しくない。

そもそも目的。ゴールなんて設定しなくてもいい。

というか、そんな歩き出した時点でゴールのこと考えてどうすんだ?

歩んだ先に本当にゴール保証は?ゴールだと思った場所がただの中継地点だったら?はたまた、何一つない更地だったら?

現時点でゴールがないと分かったら、自分で見ることもなく歩くのを辞めるってことかい?その弾もくらったな。

「目的なく歩くのはバカだって?」

あーそうかもしれん。そうかもしれんが、だがしかし、お前はそもそも賢いのか?

なんだその顔は。胸を張って「賢いです!」って言えばいいじゃないか。なぜ言わない。

お前は撃たれているんじゃない。

自分から「撃ってください」って頼んでいるだけだ。自分が墓に入るのをスナイパーのせいにするんじゃない!

ゾンビを諦めるな。ゾンビはゾンビらしく。進めばいいだけ!

今日は、ほふく前進する気にもなれん。けど、このブログは書いた。一歩。いや半歩。1ミリ。

進んだ…はず。

他のゾンビに追い越された。けど大丈夫。

そのゾンビも、きっとどこかで追い抜かす日が来る。その繰り返しさ。

ただ遠くまで歩けばいいのさ。それだけさ。

フォローしてくれたら、お友達になれるらしいよ!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次